よくあるご質問

よくあるご質問

M&Aの実行を決断されるまでには色々お知りになりたいこともあると思います。以下、お客様からよくいただく質問をまとめてみました。

Q

まだ検討段階ですがM&Aに興味があります。相談にのっていただけますか?

A

経営戦略の一つとして、飲食業界やサービス業界でも注目されているM&A。時代の変化にスピーディに対応するためM&A手法を取り入れ、時間とコストを軽減し開店やお店の撤退を行うオーナー様が増えています。検討段階であっても、お気軽に弊社の無料相談をご利用ください。また、弊社ではM&A以外の手法で閉店や開店をサポートするサービスもご用意しております。こちらのほうもお気軽にご相談ください。

無料相談・お問い合わせM&A以外の手法をお考えの方に
Q

M&Aは、どんな場合に行うと効果的ですか?

A

たとえば、業績は良いが後継者不在で悩んでいらっしゃる場合です。M&Aは、お店への思いを大切に引き継いでくれる方を譲渡先として探すことが可能です。買い手にとっては、優良な店をそのまま引き継ぐことも可能であり、リスクの軽減が図れます。また、 “M&Aとは時間を買うことだ”とよく言われます。スピーディな経営が何より求められる現代において、時間とコストの軽減が図れるM&Aは経営者にとって大きな魅力です。

お店の売却をお考えの方にお店の購入をお考えの方に
Q

M&Aの交渉はどのように進めるのですか?

A

売り手と買い手のニーズをしっかりとお聞きし、弊社が仲介役となってM&Aを進めさせていただきます。交渉を円滑に進めるためには秘密厳守が前提となりますので、売り手と買い手がそれぞれ弊社と必ず「秘密保持契約」を締結していただき、情報管理には万全を期しています。なお、弊社では一般的な不動産業とは異なり、営業権(のれん代)も含めお店の価値評価を行っています。

M&Aの手順(売り手)M&Aの手順(買い手)
Q

M&Aを行うには、どのような費用がかかりますか?

A

初期段階でのご相談は無料です。また、本サイトへの情報掲載も無料ですのでお気軽にご利用ください。M&Aの成約にあたり弊社では、成功報酬をいただいております。詳しくは下記をご覧ください。また、交渉を進めるにあたっては、財務上の評価分析などが必要なため、アドバイザリー契約金が必要です。なお、ケースによっては、公認会計士や弁護士の費用が別途必要になる場合があります。

報酬について
Q

M&Aが成立するまでには、どのくらい時間がかかりますか?

A

売り手側と買い手側の意向が合致しないとM&Aは成立しませんので、M&Aにかかる時間はケースバイケースといえるでしょう。お店の価値評価やご希望の条件等によって成約までの時間は異なりますが、通常3~6か月程度を目安にお考えいただければと思います。ただ、お店の状況によってはそれ以上かかることもありますのでご了承ください。

Q

M&Aを進めるには、どんな書類が必要ですか?

A

最初のご相談でしたら、会社案内など会社の概要が分かるもの、および決算書、確定申告書など会社の財務状況がわかるものをご用意いただくと万全です。実際にM&A交渉を進める段階では、下記のような書類が必要となります。M&Aの実施にあたっては、弊社がきめ細かくサポートさせていただきますのでどうぞご安心ください。

登記簿謄本/決算書直近3期分(デューデリジェンス時)/月次損益計算書直近(3年分)/
減価償却資産/店舗営業データ/賃貸契約書/賃金台帳/販売促進物/店舗図面/
リース等契約書/その他、事業計画書等
Q

現在、雇用している従業員はどうなりますか?

A

従業員の処遇は、お店の売却をご検討のオーナー様にとって最も気になることの一つです。業務を円滑にこなせるようスタッフを育てるためには、時間もコストもかかります。また、飲食業界ではこのところスタッフの採用自体が難しくなっています。そのため、ほとんどの購入企業が従業員の全員雇用継続を希望されます。ただ、従業員の方の希望もありますし、新しいお店の体制に合わない場合もあるので、従業員との面談を条件とされる場合がほとんどです。

M&Aサービス利用のメリット(売り手)M&Aサービス利用のメリット(買い手)